2007年05月23日

選択

昨日の続きです!
思えば昨日のは何だか中途半端なところで終わってましたあせあせ(飛び散る汗)

彼とはっきりしない曖昧な関係をずるずる続けていて、
このままではいけない・・と何度何度も思いました。

ダメになってもいいから、このままでいるべきでない、
気持ちを強く持たなくちゃダメだ、と彼に会う時はいつも今日はちゃんと言うんだ!!と思っていました。

・・・いつも言えなかったんですがバッド(下向き矢印)

気分の浮き沈みが激しくて、どんどん自分が自分で無くなる様な感覚で自問自答を繰り返し、自己嫌悪を繰り返し、深みにはまっていくのがわかりました。
・・・けど止める術はありませんでした。

彼の前ではニコニコ笑って、家に帰ると泣いて・・・
本当何やってたんだろうって思いますバッド(下向き矢印)


そして、何の前触れもなくその日がやってきました。

心身共にボロボロだった私。

もうそろそろ終わりにしないとな、と真剣に思い始めていました。



そんなある日、彼と会った帰り、車で家まで送って貰いました。

そして自宅近くに停車した車の中で彼が突然、



「オレ、付き合ってる人がいるんだよね」


・・・と。






お・・・・・終わった・・・・・。



あまりにも突然のそして衝撃的な告白に、

あぁやっぱりそっか・・・そういうことか・・・


ショック過ぎて、意外と冷静に受け止めました。


ていうか私から言いたかったという変な見栄もチラリと頭をかすめる。



「そ うなんだ。うん・・・わかった。・・・」


この時点で、もう彼とは2度と会わない、そう思ってました。


ところが彼が


「ちょっと待って。オレ、キューヴ(私)とこのまま続けたい。」



は・・・・?


ちょ・・・ちょっと待ってよ!!そんな都合いい話があるかっての!

私だって、無意味な恋愛をしてる歳じゃないし、そもそもそんな不毛なことしたくない。もうこんなのヤダよ!!

・・・と数秒間停止した私が口を開こうとしたら彼が



「実は彼女といっても、完全に冷めてるんだよね。。
ただ、仕事関係の人で、彼女のほうが、立場が上だから、今別れることが出来ないんだよ。。」



と。



私も彼の仕事もその彼女も知っていたので、その状況がすごく良くわかりました。

確かに・・・別れるの難しいかも・・・。


だけど、私のことが好きだから、今こういう状況だけど、一緒に居たいと彼は言います。


どうしよう・・・・。
葛藤です。彼と一緒に居たい。
でも・・・彼女がいる。
こんなのってアリ・・・?

でも・・・彼が好きだ。


私たちはその後、場所を移し明け方近くまで話し、
結局、私は続けることを選択しました。


その後、激しい葛藤はいつまでも続き、
ご飯食べれなくなって激ヤセしちゃいましたたらーっ(汗)


今となって、その選択をしたことによって、
今があるので、良かったのですが、その当時は本当に見えなかったですね。

悲劇だと思いたかったのかもなーとも思いますダッシュ(走り出すさま)

いろんな意味で若かったなぁあせあせ(飛び散る汗)


でもこの経験からたっくさんのことを学びました。
成長出来たなぁと思います。

やっぱり人は経験しないとわからないし、経験によって成長出来るんだと、今しみじみと思います。




posted by キューヴ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42670063

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。